リバースエニアグラム

インターネットは「エニアグラム」がお好き?

前回の記事では、Googleで「エニアグラム」を普通にキーワード検索した結果を紹介しました。
 
ネット上におけるエニアグラム環境

今回はGoogle様が無料で提供しているサービスの

GoogleAdwordsキーワードツール

Google Insights for Search

及びYahoo!関連検索ワードサーチ「UnitSearch

を利用して、インターネット上のエニアグラムが

どのように扱われているかを考えてみたいと思います。

GoogleAdwordsキーワードツールによる検索結果

指定したキーワードがGoogleでどれくらい検索されているか

を調べるサービスです。
 

又、単一のキーワードを指定するだけで、

Google利用者が同時に入力するキーワード

(複合キーワード)の検索数も表示してくれる

スグレモノです。
 

というわけでキーワード「エニアグラム」で調べてみました。

キーワード月間検索数
エニアグラム22200
エニアグラム タイプ4400
エニアグラム タイプ42600
エニアグラム タイプ51310
エニアグラム タイプ91310
エニアグラム タイプ6780
エニアグラム タイプ7640
エニアグラム 相性590
究極 エニアグラム590
エニアグラム タイプ8260
エニアグラム タイプ1210
エニアグラム タイプ2210
エニアグラム タイプ3210
鈴木秀子 エニアグラム210
エニアグラム 無料170
エニアグラム 有名人110
エニアグラム 無料診断110
9つの性格 エニアグラム91
エニアグラム 性格診断91
エニアグラム 本73
エニアグラム ウイング58
エニアグラム タイプ4 有名人36

上記結果をユーザー視点でまとめると

次の4点になります。

  • 無料でWeb診断がしたい
  • 各タイプの詳しい説明が知りたい
  • 著名な方のサイトや書籍が知りたい(鈴木秀子氏、究極のエニアグラム)
  • 相性が知りたい

Yahoo!関連検索ワードサーチ「UnitSearch」による検索

Yahooのキーワード検索順位を表示してくれます。
 

  • エニアグラム 相性
  • 家庭教師のトライ エニアグラム
  • エニアグラム 診断
  • エニアグラム タイプ4
  • エニアグラム タイプ5
  • エニアグラム タイプ
  • エニアグラム 無料診断
  • エニアグラム タイプ6
  • エニアグラム タイプ3
  • エニアグラム タイプ7
  • エニアグラム 無料
  • エニアグラム タイプ9
  • エニアグラム タイプ2
  • >エニアグラム 性格診断
  • エニアグラム 恋愛
  • エニアグラム コーチング
  • エニアグラム タイプ1
  • エニアグラム 鈴木秀子
  • エニアグラム 性格
  • エニアグラム タイプ診断

Googleとほとんど同じ結果になりました。
 

違いは恋愛が15位に、

コーチングが16位にランクインしていることと、

2位の「家庭教師のトライ」ですね。
 

家庭教師のトライのサイトを覗いてみると、

学習指導にエニアグラムを活用していて、

簡易診断もできることが分かります。
 

このようなエニアグラム活用法は

私も今回はじめて知りました。

Google Insights for Search

地域、期間、カテゴリを指定して大まかな検索数の推移を

調べる事ができます。
 

こちらは実際にサイトを見た方がわかりやすいので以下を御覧ください。

googleinsight

2004年の最大数を100とすると、

2010年5月時点では38となっており、グラフが示す通り、

明らかに検索回数が徐々に減っていることが分かります。
 

又、画面下部を見るとタイプ4の検索回数が

圧倒的に多いことが分かります。

googleinsight2

まとめ

上記結果をまとめると次の事が言えます。
 

  • インターネット上において2005年以降はエニアグラムは明らかに下火になっている。「エニアグラム」単一キーワードの月間検索数が22200というのは決して多い数ではない。
  • 無料診断や各タイプの説明を探す人が多い。
  • 自分探しや人間関係、恋愛の悩みがある。
  • 個人名・団体名の検索数としては鈴木秀子氏がダントツで、次点は「究極のエニアグラム」の竜頭万里子氏。
  • 各タイプの検索数ではタイプ4が圧倒的に多く、次点はタイプ5。

以下は上記Google検索結果にみるタイプ別の比率。

タイプ月間検索数比率
タイプ4260035%
タイプ5131017%
タイプ9131017%
タイプ678010%
タイプ76408%
タイプ82603%
タイプ12103%
タイプ22103%
タイプ32103%

 

で、上記Yahooの結果を抜粋すると次の順。

タイプ4
タイプ5
タイプ6
タイプ3
タイプ7
タイプ9
タイプ2
タイプ1
タイプ8

どちらの結果もタイプ4が1位でタイプ5が2位でした。
 

一回限りの調査では当然バラツキが発生するので、

何度も調査する必要があります。
 

それでも、これまでの記憶では   タイプ4の1位は不動で

続いてタイプ5、9、6、7が上位に、

タイプ1、2、3、8が下位という結果が多いのです。
 

各タイプの比率が等しいとすれば、この結果の偏りは

次の理由が推測できます。

  • タイプ4は常に自分探しをしているのでエニアグラムに興味を持ちやすい?
  • インターネットは元々情報を発信したり探す場所なのでタイプ5との親和性が高い?
  • タイプ9が他のタイプに同調する際にエニアグラムが役に立つ?
  • タイプ1、2、3、8はその特性からオフラインで主に活動している?

・・・さて、今回の調査はいかがでしたでしょうか?
 

私の意見としては、

下火になっているとはいえ

エニアグラムが無くなることはないと確信しています。
 

人の自己理解や自己成長への欲求が無くなるなんてことは

未来永劫無いでしょうし、

エニアグラムが、その一助となるツールであることも

間違いないでしょうから。
 

このような調査は活用法を探る上で重要なことですので、

以後定期的に取り組んで見たいと思います。
 

例によってコメント、メールフォームにてご意見ご感想お待ちしております。
 

それではまた。

2013.2.18追記

詳しい調査はしていませんが、タイプ4の検索数が多いのは、約2年たった現在でも変わりません。

タイプ4さんを理解したいという意味で検索している人も多いのでしょうが、自分のことをタイプ4だと誤認している人が少なくないことも、その理由だと感じています。

人は自分が置かれた立場や環境の影響を少なからず受けるので、それにふさわしい人間になろうとする一面があります。

だからタイプ4的な文脈に置かれた人が、ネットの世界では多いのかなと思っています。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント&トラックバック

  • コメント ( 5 )
  • トラックバック ( 0 )
  1.  
    タイプ4が圧倒的トップなんですか。常に自分探し。
     
    ナルシストな自分に浸りたいとか?
    タイプ5は勉強家ですから、エニアグラムも知識の対象になるんでしょうね。
     
    タイプ6とタイプ9は、私は非常に判別がつきにくく(夫がこれにあたり、無個性なため未だに苦労しています)、もしかしたら本人もどのタイプに属するのか悩んでいるのかもしれませんね。
     
    家庭教師のトライがエニアグラムを取り上げているそうですが、経営や各方面からのアプローチもいろいろあるんですね。
     
    子供のために、将来の仕事探し、自分が何を好きで何する人になりたいか?をまとめた本を買い、その中の2冊がエニアグラムを取り上げていました。
     
    迷った時は自分の内なる声を聴いてみる。
     
    そのためにエニアグラムはあるのかもしれません。
     
    大人にも、子供にも。
     

  2. 篠田工治@クッキング父ちゃん

    コメント有難うございます。
    今回の記事のような分析的なことは
    元来苦手なのですが、
    ちょっと頑張ってみました。
    (感情をぶつけていたほうが楽なのです)
    実はエニアグラムに興味を持つ人に
    タイプ4が多いことは、
    今回の調査をする前に見当はついていました。
    いずれブログで取り上げたいと思いますが、
    かの掲示板「2ちゃんねる」にて、
    エニアグラムに関する書き込みが
    圧倒的にタイプ4が多いのです。
    あと同掲示板で特徴的なのは
    竜頭万里子先生が主催する
    「究極のエニアグラム=エニアグラム性格学」
    の賛否両論を見ていると
    とても興味深いことですね。
    > 迷った時は自分の内なる声を聴いてみる。
    > そのためにエニアグラムはあるのかもしれません。
    > 大人にも、子供にも。
    そのとおりだと思います。
    自分の声は小さくて
    なかなか聞き取れませんが(汗)。
     

  3. この検索結果すごいですね。[絵文字:v-221]
    実際エニアグラムの話しを色んな方にすると
    一番興味を持つのは、タイプ4ではないかと思います。
     
    不思議ですね。
     
    4は、エニアの話しだけで、盛り上がる所もすごいです。
     

  4. 篠田工治@クッキング父ちゃん

    コメント有難うございます。
     
    > この検索結果すごいですね。
     
    お褒めいただき光栄というより恐縮です。
     
    > 実際エニアグラムの話しを色んな方にすると
    > 一番興味を持つのは、タイプ4ではないかと思います。
     
    特別であることにYesと言ってくれるからでしょうか。
     

  5. タイプ5w6

    篠田様

    久しぶりに来ました。
    独自の調査や、独自の観点からの記事、有りがたく興味深く拝見させていただいております。

    T3は、自分探しなどあまりしないと思いますし、T8は自分に疑問を感じない?
    そしてT5は、世間との違和感にいつも悩まされておりますので、自分を知りたいのだと思います。
    自分の欠点を人から指摘されるのは耐え難いので、こっそり本やネットで調べている。というのもあります。
    2のように、人間関係から学ぶ。というのは、あまりに傷が深くなりすぎて、立ち直れなくなりますので、ネットや本に書いてある、5についての辛口の評価を読んで、密かに自分を修正しております。5は人から否定されることに耐えられません。
    死ね。存在しなくなれ。消えろと言われた。と受け取ってしまいます。
    愛される自信がないのです。
    もちろん、愛されて育った5はそうではないかもしれませんが。
     
    それに、ほかのタイプの人から見て変なのは5と4ですから、5と4がどんな奴なのか知りたい。ということがあるのではないかと…

    私も、自分のこと以上に4のことが知りたくて検索しておりますから。

    また来ます。

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top