リバースエニアグラム

むか~しむかしあるところに・・・

ばたばた忙しいことが多く、
先週末に嬉しいこと、落ち込むことが重なった為、
「忙」の文字通り心を亡くしかけてる今日この頃。
 

twitterでブツブツつぶやいているのですが、
情報の発信には愛と勇気と覚悟が必要なんだなと
確信した次第です。
 

自分の落ち込んだ気分を解消する為に
今回は軽めのお話をします。
 

実録:ある夫婦の会話

も~もたろさん ももたろさん
長男に桃太郎の歌を歌って聞かせていたところ、
歌詞が違うと嫁から突込みが入りました。
 

2番の部分、

あ~げましょう あげましょう
 これから鬼の征伐に ついてくるなら あげましょう

と気持ちよく歌っていたのですが、
嫁が言うには「あげましょう」じゃなくて
やりましょう」とのこと。
 

う~ん。幼い頃の記憶をたぐってみると、
確かに「やりましょう」だった気もする・・・。
 

私:
 「確かに『やりましょう』だった気もするけど
  この『やる』って表現だと
  桃太郎って完全に上から目線じゃん。
  だから『あげましょう』がいいなぁ」
嫁:
 「何言ってんの?桃太郎ってそういうキャラじゃん」
私:
 「え?桃太郎ってイヌ・サル・キジの仲間と協力して
  一緒に悪を倒す、友情の物語じゃないの?」
嫁:
 「はぁ?何言ってんの?
  ちゃんと3番で自分達で『家来になる』って
  言ってんじゃん。(旦那アホちゃうか・・・)」
私:
 「あ、あぁ、そうか・・・そうだよね。
  (いまさら2番までしか知らないとは言えんしなぁ)
  でも、そうやって考えると、桃太郎って酷い奴だよね。

  3匹の助けがあってこそ鬼を倒せたのに
  戦い終わった後、3匹に対して感謝するシーンがないもんね」
嫁:
 「(あ~コイツ、又、話を捻じ曲げてんな)
  ・・・いい? 
  桃太郎って元々一人で鬼を倒す自信があって
  征伐に向かっているの。

  だから3匹に対しても
  『着いてきたいなら着いてきてもいいよ
  っていうスタンスなワケ。

  もう一度言うけど3匹は『家来』であって
  『仲間』じゃないの
!」
私:
 「ええ~~、そうなんだ。

  上下関係あるんだ~。」
 

・・・今日のお話はここまで。
 

それではまた。
 

実録:追伸

私:
 「いや~、やっぱり、こう、情報を発信していくのは
  愛だけじゃなくて勇気と覚悟がいるよね~」
嫁:
 「愛と勇気・・・あなたアンパンマンだったの?」
私:
 「そうそう。困った人に自分の顔を食べさせてね。

  でも加減を知らないから、きっと全部食べさせて、
  首なしで飛んでいくんだよね~」
嫁:
 「・・・・・・・・・・・・。」

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top