リバースエニアグラム

エニアグラム矢印考察序章「矢印について考察する前に」

エニアグラム矢印考察序章「矢印について考察する前に」

破壊者の母、篠田工治です。

少し前にウィングについての考察をしました。

このウィング考察は、 途中「本能のサブタイプ」にまで手を伸ばすなど かなり迷走しつつも、 やっとのことで広げた風呂敷を畳んだ感があります。

ウィングの考え方について少々。
外向的?内向的?
ウィング=親との関係
ウィング≠本能のサブタイプ
「個・公・擁護」_ウィングまとめ

つまるところエニアグラムの肝はその名のとおり、
「シンボル図をどう解釈していくのか?」につきるわけでして。
 

bunkatsu.png

上の画像はいつものシンボル図を 「三角形・変形六角形・円」 という3つのパーツに分割したもの。
 

エニアグラムでいうウィングとは、 この「円」と各タイプの「点」にフォーカスした 論点だったんですね。
 

そして残るパーツは直線の組み合わせで形作られた 三角形と変形六角形。
 

この二つのパーツをどう解釈していくのかが 「矢印」という論点の肝になります。
 

さて、おそらく次回からしばらくしたら 「矢印」考察が始まるのですが、 その前にお断りしておきたいことがあります。
 

それは、 これまでお伝えしてきたことに輪をかけて 独自色の強い解釈になる、 ということです。
 

多分、他のエニア講師や会派との違いが 一番大きく出る部分。
 

このあたり、 少し前の記事(のコメント)で書いた、 「エニアグラムはアートだ!」 を免罪符にしているワケですね(笑)。
 

活動の結果ハッキリしてきたこと
 

とは言うものの私自身、 解釈がまだぼやけている状態でして。
 

これから始まる考察によって 徐々に形を整えていくつもりです。
 

なのでまだ明確なことはお伝えできませんが、 次のような考えが頭にあることを先にお伝えしておきます。

  • 「矢印」から「健全(善)・不健全(悪)」という二元論的解釈を切り離す
  • 成長を望むのであれば、多くの会派で「不健全・囚われ」とされる「矢印正方向」のタイプに進むべき
    (タイプ1なら4へ、タイプ9なら6に)
  • 矢印方向のどちらのタイプであってもそこに留まってはいけない
  • 矢印の本質は弁証法の螺旋的発展モデル
  • 螺旋的発展モデルは英雄神話の典型的成長モデル
  • 成長とはタイムマシンに乗った時間旅行であり、鍵は過去にある
  • 成長とは再生であり、自分のタイプに帰還して軸を見つけること
  • 矢印の成長モデルは集団や種族全体にもあてはまる
  • 集団全体を一つのシステムとして見た場合、各タイプには「使命」という名の「機能」が割り当てられている

今思いつくのはこんなところです。
 

特に最初の3つが、 逆説、アンチテーゼになっていますね。
 

後半については 風呂敷広げすぎだとも思うのですが、 心の声を頼りにボチボチやっていこうと思います。
 

今回はここまで。
 

それではまた。
 

URL :
TRACKBACK URL :

コメント&トラックバック

  • コメント ( 1 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. ワクワクするような内容ですね。
    篠田さんの研究に立ち会える時に生まれたことを、
    その前にエニアグラムに出会えたことを、
    そして、篠田さんのHPにめぐり合ったことを、
    とても幸運に思います。
    ワクワクです。

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top