リバースエニアグラム

アンケート「あなたが知りたい2つのエニアグラム性格タイプの違い」のお願い

アンケート「あなたが知りたい2つのエニアグラム性格タイプの違い」のお願い

破壊者の母、篠田工治です。

今回はアンケートのお願いです。

アンケートの主旨

性格タイプを判定する際、最終的に2つのタイプ候補のうち、どちらかに決められなくて悩むことがあると思います。

例えば「タイプ4とタイプ6のうち、どちらか決められない」とかね。

これはどの性格タイプ間にも特徴の共通点を見いだせるからなのですが、やはりタイプ判定する以上、特徴の違いを明確に認識する必要があります。

タイプの組み合わせは全部で36通りあるのですが、全てを説明するのはボリューム的にも時間的にも厳しいです。

そこで、あなたが一番が知りたい「タイプの違い」につき、その組み合わせを教えてください。

アンケート「あなたが知りたい2つのエニアグラム性格タイプの違い」

下の組み合わせの中から1つだけチェックを入れ、「投票する」ボタンをクリックしてください。

ただしシステム上、一人一回の投票しかできませんので、投票の際はよく考えてから投票ボタンをクリックしてくださいね。

尚、投票しない場合でも結果を見ることができます。

「あなたが知りたい2つのエニアグラム性格タイプの違い」

投票結果を見る

Loading ... Loading ...

アンケート結果について

アンケートの結果がある程度貯まりましたら、上位いくつかの組み合わせにつき、特徴の違いや見分け方をシェアしたいと思います。

2012.11.15 追記
上位だけでなくコメントに熱い想いを書いていただければ、その組み合わせも採り上げるかもしれません。

というワケで是非アンケートにご参加くださいませ。

それではまた。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント&トラックバック

  • コメント ( 5 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. 3と4に投票しました。私が3か4か判断がつきかねるのが一番の原因なのですが、
    というのも、セクターの違いによる反応の違いこそ明確であれ、(この点でまるで3ではありません)
    それぞれ高い理想や、執着、不全感、向上心などに共通性が感じられてならないのです。私の場合ですが…。
    センスか個性かという差はあれ、見た目の洗練なども差がよく分かりません。

    因みに、普段の生活での頭の切り替えや目標に対する対処の仕方などは、それしか有り得ないという程まるっきり3ですが、感情的に記述に共感を覚えるのは4です。

    • 升さん、コメントありがとうございます。
      まず、最初にお伝えしたいのは誰しも理想や執着、不全感や向上心はもっているということ。
      ただ性格タイプの違いによって、そのレベルと動機が違うんですね。
      タイプ診断とは行動や考え方、感じ方の根源とか動機を探る作業なんです。
      例えば「理想が高い」とご自分で感じているのであれば、その具体的な理想とは何かを細かく具体的に書きだしてみる。
      そしてそれを眺めながら「その根源や動機はなんだろう?」とアレコレ考えてみるのが、かえって近道になると思います。
      3と4は同じ感情センターで、その共通項は「自分の見え方」つまり「セルフイメージ」にとても関心を寄せていることです。
      そして両者の区別はいろんな判断基準があると思いますが、1つには成果や実績という「自分が実際に成し遂げた*数値*で判断できる結果・証拠」を重視するかしないかです。
      重視するなら3、しないなら4ってな感じで。
      ブランドやステータスに価値を感じるかどうかで考えてみてもいいですね。
      例えば升さんが車に興味があるとします。
      もしタイプ3であれば、フェラーリやベンツ、ロールス・ロイスといった有名どころの海外メーカーの高級車が欲しくなると思います。
      なぜならそういう車を所持することが自分のステータスに繋がるからです。
      ここでいうステータスとは「これだけ高級な車を買えるだけの努力をしてきたその証」であり、実は車としての機能を買っているわけではないんですね。
      だから世間一般が「高級である」と認識しているモノがいいんです。
      自分が優れていることを他者に証明する為にトロフィーやメダルを沢山集める感覚に近いかな。
      これがタイプ4なら「自分は特異・異質である」というように「違い」や「質」にフォーカスした車選びになると思います。
      だから価格はそんなに重要じゃなくて、誰も知らないマニアックな車を選ぶ感覚。
      「違いがあるからこそ自分は大いなるモノから選ばれる資格がある」という動機ですね。
      こんなふうに考えてみてはいかがでしょうか?

  2. 今度はこちらです。逆転も再生もリバースですね。余談はさて措き、6と9に投票しました。理由は、エニアグラム専門家は概ね、日本人の国民性をタイプ6的としている様子ですが、タイプ9寄りとも思えるからです。日本人にも競争的、警戒的な傾向はありますが、それはあくまでささやかな幸せを守ろうとしてそうなっただけに見えますが、いかがでしょうか。

    • 綾紫さん、コメントありがとうございます。
      「リバース」には逆説という意味も込めたかったりします(笑)。
      まず日本の国民性について、確かにタイプ9的な側面も結構感じます。
      実際に「タイプ9の国なんじゃない?」という人もいますし。
      でもやっぱり一番強く感じるのはタイプ6的な側面だったりします。
      結局、最終的にタイプを分かつものは「根源的な動機の違い」だと思うんです。
      言葉や文章や行動の奥を探ると見えてくる感情とでも言いましょうか。
      で、私の場合、国民性を意識すると一番強く感じるのは「恐怖心」なんですよね。
      例えば、東日本震災やその後の原発に関する周囲の反応を見ていて感じたのは、物凄い恐怖心からくるパニックと、その裏返しでもある勇気ある行動です。
      そこにドラマ性を見出して感動したりするワケです。
      昔(?)井沢元彦氏が提唱していた「日本の信仰=怨霊信仰」というのもそうだし、安心や安全を商品化サービス化した「保険」や「保証」へのコダワリ。
      このあたり、楽観グループである2と9にとってはあんまりピンとこないと思うんですよね。
      私には全くピンときません。
      (昔、任意保険に入らずにクルマやバイクを乗り回してたくらいでして_汗)
      「和を持って尊しとなす」というお国柄なので、タイプ6にとっては好都合であり、それが矢印の9的な側面を強く見せているのだと思います。
      あとタイプ9は対立を中和、仲裁する役回りになることが多いのですが、それって恐怖心が強いとやれないと思うんです。
      最悪双方から「とばっちり」を食らう危険があるので。
      調べもせずにアレですが、ネイティブ・アメリカン(インディアン)的な文化のほうがタイプ9要素が強いのかもしれません。

  3. 通りすがり

    タイプを断定する場合
    『どのタイプが近いか?』よりも
    『どのタイプが異質か?』という基準で見たほうがタイプ判定は容易な気がします。

    私の場合、タイプ123789の気質は全く異質で自分の中には無い気がします。
    しかし、そららを除いたタイプ456に関しては親近感が沸くというか、理解できる感じがします。
    ということは、私は恐らくこのタイプ456のどれかである可能性が高い気がするのですが、これは色で例えると青・空色・青緑のようなものだと思います。
    で、結局なにが言いたいかというと、タイプ456の違いが知りたいですw

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top