リバースエニアグラム

人間関係の持続と周囲に迷惑をかけることについて

人間関係の持続と周囲に迷惑をかけることについて

破壊者の母、篠田工治です。

最近、花粉が飛び出してくしゃみが止まらないのですが、なかなか医者に行けずに辛い想いをしています(汗)。

さて本日、ACさんという読者さんからタイプ7考察の最終回記事にコメントをいただきました。

お返事を書いていたら例によって長くなり、シェアした方がいい内容だと思ったので一本の記事にしちゃいます。

ACさんからのコメント

はじめまして。
昨晩いっきにエニアグラム7と4について読ませていただきました。

あの糞長い記事を一気に読んでいただいたのですね!

ホント、有難うございます。そしてお疲れ様でした。

私は4と6が高めの7タイプと診断されています。
これまでほとんどのことが上手くいってきたナルシスト(笑)なのですが、 昨年はいろいろと問題を起こしてしまいました。
その原因がこのサイトでびっくりするくらい明確になり、 もうなんというか、笑ってしまいました。

あんまり自分のことを言い当てられると、逆に笑えてくることってありますよね。

ただまだ不安もあります。
ずばり、伺いたいことは、第一にエニアグラム4のタイプの男性(私は女です)との 恋愛を長く続けることは難しいのか、ということです。
そしてもし続けたいのであれば、どうすればよいのか、ということです。
 
第二に、タイプ7が周囲の人に迷惑をかけないためには、 具体的にはどうすればよいのか、ということです。
自分は楽しいことが大好きですよ、あなたとハッピーになりたいですよ、 とアピールすることで、かえって人が遠のく場合があることがわかってきました。
友人には、「嫉妬されているんだ」と言われますが、悲しいです。
 
もしよろしければ、メールで来歴をお伝えします。
(その場合、メールアドレスをメールでお知らせいただければ幸いです)
よくびっくりされますが、おそらく篠田さんは納得されるかと思います。
 
お時間ありましたら、よろしくお願いいたします。

はぅっ。色恋絡みですか。(正直苦手な話だ・・・)

ご期待に添えるような内容にならない気がしますが、以下のように考えてみました。

特定タイプとの関係持続について

以前の記事でも書きましたが、他者との相性やマッチングにエニアを使うことは私は難しいと考えています。

確かにエニアグラムは人の根源的な特性を浮き彫りにしてくれます。

でも人間関係は根源的な特性だけで語れるほど単純なものではないですし、自分一人がどうこうしたところで、それを相手がどのように受け取り行動するのかは相手に委ねられているんですよね。

その意味で恋愛にエニアを使うのは難しいのではないでしょうか。

もし使えるならもっとエニアの認知度は高くなってるハズなんですよね(苦笑)。

ただそれだけで終わってしまっては流石にアレなので、思いついたことや知ってることを少しだけ書きます。

全てに裏付けがあるわけではないので、その点は考慮してください。

まず、私がコレまでに出会ってきた女性のタイプ7さんを見ていると、タイプ4とタイプ5のご主人が多いと感じます。

(はるか昔、少々恋心を抱いたタイプ7の女の子が、ふたりともタイプ5と思しき男性と結婚したんですよねぇ・・・)

なので恋愛はともかくとして、長く生活を共にするという意味でタイプ4や5との相性は悪くないのかなぁと。

次に恋愛や結婚に限らず、人間関係を長く続けようとした場合、

  1. 相手との共通点を強調する
  2. 相手との違いを強調する

という矛盾した2つを意識すればいいと思います。

前者は「人は自分と同じところを持つ人に惹かれる」ってこと。すなわち共感で、共感は愛情に繋がります。悪く言えば「割れ鍋に綴じ蓋」ですね。

後者は「人は自分に無いものを持っている人に惹かれる(憧れる)」ってこと。これは補い合う関係ですね。いわゆる「持ちつ持たれつ」の関係。

ここでエニア的な発想、特に4つの視点(FFTP)は使えると思います。

例えばタイプ4とタイプ7の組み合わせの場合、共通するのはタイプ147の「個を大事にする」という部分ですね。

このグループは「破壊と創造」を司るクリエイターでもあるので、そういう点では物凄く近しい組み合わせだと言えます。

特にタイプ4=破壊者(守破離でいう破)、タイプ7=創造者(守破離でいう離)という関係性が成り立つので、クリエイティブな点では共感するところが大いにあると思います。

(タイプ診断をやっているとタイプ4願望のタイプ7さんは少なくなかったりします)

次に「相手との違いを強調する」という点ですが、

  • タイプ279の「楽観的」とタイプ468「悲観的」

など対極となる特性を意識すると上手いこと補い合う関係になれると思います。

別に上述の4つの視点を覚えなくても、じっくり時間をかけて相手を観察すれば、対極的な特性が他にも見えてくるハズです。

(見えてこない場合は・・・そもそも愛情が足りな、じゃなくて共通点を強調するしか無いんじゃないですかね_汗)

あともう1つ、上級編(?)としていけそうなのが、

3.ハレとケを交互に見せる

です。

ハレとは非日常的なこと、つまり普段見せない一面をたまには意識して見せてみるということです。

エニアグラム的に言えば、基本タイプ以外のダイナミクス(ウィング・矢印)のタイプや、もう少し頑張って、それ以外の全く繋がらないタイプ的な言動を見せてみる。

そしてケというのは日常的なこと、つまり普段通りの姿、基本タイプを見せるということです。

人間って誠にめんどくさい生き物で、ずーっと同じモノを見せられたら飽きちゃうし、常にフワフワ定まらないモノを見てると今度は不安になってきます。

なのでたまには意外な一面を見せると、それが適度な刺激になり、より関係が深まると思うんですよね。

ただ、気をつけないといけないのは、ダイナミクスのタイプであれ、基本タイプに全く繋がらないタイプであれ、基本タイプ以外の側面を見せると自分の精神に負荷がかかるということです。

特に全く繋がらないタイプ、タイプ7さんで言えばタイプ2、3、4、9的な部分を見せると精神を激しく消耗するので注意が必要です。

というわけで、人間関係を長続きさせる為には

  1. 相手との共通点を強調する
  2. 相手との違いを強調する
  3. ハレとケを交互に見せる

の3つを意識するとよいのではないでしょうか。

周囲の人に迷惑をかけないためには

次に

タイプ7が周囲の人に迷惑をかけないためには、具体的にはどうすればよいのか

という質問ですが、それは2つのことを意識すればいいと思います。

  1. 万人に響く言葉はない
  2. 特性は、ただ知ればいい

「周囲の人に迷惑をかけたくない」とか「全ての人間をハッピーにする」というのは高い目標としては素晴らしいと思います。

でも、そういうのって、そもそも欲張り過ぎというか無理な話なんですよね。

もし出来るとしたら、プロパガンダや催眠、洗脳などの心理誘導、心理操作ですよ、それは。

そして「周囲の人に一切迷惑をかけない」なんて人も実際はいないんですよね。

誰だって多かれ少なかれ、迷惑をかけて生きているのが人間って奴じゃないかと。(相田みつお風)

確かにタイプ7の息子とか義兄を見ていて「困ったなぁ」と思うことは多々ありますが、逆に楽しさとか打開のヒントを分けてもらえるので、いつも救われています。

(逆に私も彼らに対して感情をぶつけたり、素直じゃない言動をして物凄い迷惑をかけてるはず)

もし仮に「迷惑しか感じない」という状況があったとしても、タイプ7考察でお伝えしたように誰か他の人に沢山恩恵を与えているんです。

そのあたり全体的にプラマイゼロになればいいと思うのね。

大事なのはモノゴトには必ず表裏があり、人のどんな特性にもメリット・デメリット両方の側面があるってこと。

そしてそういうことを一度頭ン中にインプットしてあげれば、上手いこと無意識って奴が自分の言動を調整してくれたりします。

だから「自分の特性は長短ひっくるめて、ただ知ればいい」と思うのです。

もしそれでも足りなければ、忙しいタイプ7さんだからこそ、時々は立ち止まって言動を思い返すだけでいいのではないかと。

そこで「ああやりすぎたな」と思えば後からフォローするか、次回気をつければいいのだし、「ひょっとして迷惑になってる?」って思えば、周囲にそれとなく聞いてみてもいいですよね。

意外と周囲は迷惑と感じていないかもしれません。

いずれにしても気負い過ぎない方がいいですわ。

「アレしちゃダメダメ、コレしちゃダメダメ」って気負うと、多くの場合は自分の良いところもスポイルしちゃうから。

エニアグラム書籍の多くは「ダメダメ」ばかり書いてあるけど、結局「やらされ感」を感じて実践できないでしょ?

私は自発的な行為は気負いの無さから生まれるものだと思うので、ACさんも、もう少し気軽に考えた方がいいですね。多分その方が上手くいきますよん。


以上、かなり好き勝手に書いた気がしますがご質問への回答になります。

何かの参考になれば幸いです。

あと、ACさんへ。

来歴については「篠田のコメントが是非欲しい」ということであれば、メールフォームがあるのでそちらにコピペして送ってください。

ただ、現在他の方のタイプ診断をしており、やらなくちゃいけないことも多々あったりするので、いつお返事できるか分からないことはご了承ください。

それではまた。

追伸

ああ、そうそう。コメントはメールアドレスの入力を必須にしました。

いただいたコメントに対して本人にだけ回答したい時が稀にあるからです。

もちろん、入力してもアドレスは公開されないようになっていますのでご安心を。

あと、コメントは段階的に承認制にしたいと思います。自分でも強権的だなぁと思うのですが、多くの読者さんが混乱したり勘違いすることは避けたいからです。

実際、エニアグラムのワークやお茶会において、声が大きい人の自由過ぎる発言が他の方のエニア習得の妨げになっているのを何度か見て来ました。

もちろんエニアグラムの解釈は人それぞれなのですが、各会派における書籍、講座、ウェブサイトにおいては、ある程度の一貫性や調和がないと混乱するだけだと思うのです。

というわけで、コメント送信後にコメント欄に何も表示されない場合は、それが承認待ち状態なので承認されるまでお待ちください。

そして何日経ってもコメント欄に表示されない場合は、そのコメントは承認されなかったということになります。ご容赦ください。

URL :
TRACKBACK URL :

コメント&トラックバック

  • コメント ( 2 )
  • トラックバック ( 0 )
  1. こんにちは、お久しぶりです。
    タイプ7のラスト記事とこの記事読みました。
    ラスト、なんだか感動してしまいました。
    まだ程遠いですが、そんな人になれるよう頑張ろう!と。
    そしてこの記事。
    周りの人全員をハッピーにしてやろうと思いすぎて空回りするフシが以前からあり、ある人に全員は無理だよと指摘され、そんなものなの?と納得したようなしてないような経験がありました。
    贅沢というか、貪欲というか…
    八方美人なのも加わって、結構な悩みだったと思います。
    今は…いい意味で諦めました(笑)

    ちなみに、夫は5番なのでまた笑えました。
    友達のような、長ーい付き合いです。

    次の記事も楽しみにしています。

    • nywreikoさん。
      ども。久しぶりです。
      赤ちゃん無事に生まれたんですね。良かった良かった。
      タイプ7考察は負の側面も多く書いたから、お腹の赤ちゃんの為には見ない方がいいだろうなぁと思ってました。
      光の側面は誰にも備わっているのだから、あとはそれをどれだけ信じられるか、どれだけ当たり前のことだと思うかにかかっている気がします。
      多分、あと2ヶ月くらいは睡眠不足が続くと思いますが、身内の方に甘えきるつもりで乗り切ってくださいね。

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top