リバースエニアグラム

性格タイプ無料診断第3期募集のお知らせ

性格タイプ無料診断第3期募集のお知らせ

破壊者の母、篠田工治です。

今年の1月中旬に性格タイプ無料診断の募集をしました。

性格タイプ無料診断第2期募集のお知らせ性格タイプ無料診断第2期募集のお知らせ

最終的には合計9名の方にご応募いただき、本日4月1日現在で2名の方の診断が終了しています。

残り7名の方については、診断中ということになりますが、そのうち若干名につき長らくご返答をいただけておりません。

まぁちょうど年度替わりですしね。お忙しいのだと思いますが、ひょっとしたら私からのメールが届いていない可能性もあります。

ここで業務(?)連絡です。

上記該当する受診者さまへ。もしこの記事をお読みでしたら、以下問い合わせフォームを使って一度ご連絡くださいませ。
問い合わせフォームはこちら
「もう診断はいいや」って人も、その旨ご連絡いただけるととても助かります(汗)。

というワケで年度も替わったことですし、新たにタイプ診断の募集をしようと思います。4月1日ですが嘘ではありません(笑)。

第3期募集内容

性格タイプ無料診断第3期募集内容
  • 募集期間:2013年4月1日より同年4月10日まで
  • 募集人数:先着5名まで
  • 診断期間:2013年4月10日より6月10日の2ヶ月が目安
  • 診断の進め方:
    • 基本的にはメールによる文章のやり取りだけでタイプを診断します
      • いくつかの質問に対し、実際に起こった過去の出来事(エピソード)やその時の気持ちを返信してください
      • 長くなる場合はテキストやワードファイルの添付もOKです
      • 希望があれば電話、Skype、Googleハングアウトによる通話も対応可能です
    • メールの回数は3から5往復くらいになります
      • メール配信後、10日以内に返事が無い場合はお互いに催促し合います
    • タイプが判明次第、最終回のメールとしてタイプ名と簡単な根拠のみお伝えします
      • ウィングは「状況次第でどちらも表れる」という持論なので基本的にはお伝えしません
  • 無料診断の条件:以下の条件を満たせる方のみ診断をお請けします
    • 過去を思い出すこと、文章を沢山書くことに抵抗が無い方(トータルで5千から1万文字くらい)
    • 現在精神的な病状で通院していない方(病み上がりの人もオススメしません)
    • 診断終了後に実施するアンケートに回答していただける方(感想を匿名で紹介することがあります)
    • 診断中にやりとりした内容を篠田がブログやレポートにて匿名で紹介することを予め許可できる方(紹介して欲しくない部分をその都度指定することは可能です)

注意事項

今回から診断をお請けする条件として、次の2つを追加しました。

  • 過去を思い出すこと、文章を沢山書くことに抵抗が無い方(トータルで5千から1万文字くらい)
  • 現在精神的な病状で通院していない方(病み上がりの人もオススメしません)

まず当方、別に霊視や透視ができるワケではありません。(できたら診断は楽だろうなと思いますが)

よって診断には沢山の文章が必要になります。各質問に対して、極簡潔な箇条書きしか書けない方ですと、タイプがなかなか見えてこないんです。

そして診断の鍵となるのは「どれだけ過去の出来事を思い出せるか」です。自分の根源を知るには「現在」や「未来」ではなく「過去」が大事なんですね。

そんなワケで、こちらから投げかける質問に対して、2つか3つくらいのエピソード(実際に起こった出来事)を書いていただける方ですと、期間も早いし精度も高くなると思います。

次に精神的な病気、例えばウツや○○障害などを患っている方については、当タイプ診断をオススメしません。

絶対にお請けしないとは言いませんが、とくに通院中の方については、診断が上手くいかなかったり途中で離脱してしまう事が多いからです。

そもそも私は臨床心理やカンセリングなどの知識を持ちあわせておらず、質問も先にいただいた内容をドンドン深堀りしたり、思いついたことを自由に投げかけていくスタイルです。

なのでフラッシュバックって言うんですかね、辛いことを過剰に思い出すことに対して、私としては対処のしようがなかったりします。

また、私の質問に対して必要以上に害意を感じてしまうこともあるでしょう。

そういう状況にある人の一助になりたいという想いは強いのですが、自分自身を知るというのは多少の苦さを味わうことでもあります。

その意味においては精神的な病気じゃなくても「あー、今の自分ってムチャクチャ弱ってるなー」と感じる方は受診しないほうが、お互い吉だと思います。

というワケで、上記条件についてご了解いただける方のみ、以下ボタンよりご応募くださいませ。

募集は終了しました。

第2期受診者さんのご感想

ちょっと厳し目なことを書いたので、ひょっとしたら申し込みが全く無いかもしれません(苦笑)。

なので第2期受診者さんからいただいたご感想を紹介させていただきます。

女性受診者さんよりいただいたご感想
篠田さま、
診断最終回メール、どうもありがとうございます。自分が所属するタイプが分かり、安心しました(笑)
エニアグラムの奥深さに驚きつつも、頂いた診断結果にずっしりと納得しています。
-略-
質問と分析で先導していただき、今まで気づかなかった(見てみぬ振りをしていた)自身の感情や性格を発見しました。
それだけでも得たものは多いのですが、はっきりと診断結果を聞くと「タイプ○○・自分の取扱説明書」を処方されたような感がありました。
以前受けた、「タイプによって、こうも世界の見え方が違うものか!」という衝撃と似た感覚です。
これからは、自分とも人とも、もっと上手に付き合っていけそうです。
企業の人材育成に限らず、教育現場でも生徒のエニアグラムによる対応の多様化ができるのではないか、また、既に実行されているのではないか、など、エニアグラム自体に対する興味も増しました。
-略-
ご丁寧な診断、本当にありがとうございました。
対象者一人ひとりに対し、これだけ細かく質問・診断をするというのは、大変な労力と時間を要するだろうと思い、深く感謝しています。
これからも、ブログを拝読するのを楽しみにしております。

この受診者さんは、とても文章が上手く、それ以上に自分を知ろうとする熱意が強い御方でした。

人にはない、いろいろなご経験もされていた為、多分受診しなくても近いうちにご自身で本当のタイプに辿りつけたのではと思っています。

なので診断においては私の方が助けられたのが正直なところ(汗)。とても勉強になりましたし有意義な時間を過ごせました。本当に感謝しております。

募集の締め切りやその他連絡事項についてはこの記事に追記していきます。

応募の前に何か質問がありましたら、この記事にコメントするか問い合わせフォームをご利用ください。

それではまた。

2013.4.8追記

4月8日現在、4名の方に申込みいただいています。

この4名の方については、今日明日中にこちらからご案内のメールを差し上げますのでしばらくお待ち下さい。

あと、お一人分枠が空いていますので、ご希望の方はお早めに申込みくださいませ。

2013.4.9追記

本日、一名の申込みをいただき、予定の5名に達したので募集を終了させていただきます。

次回募集は今のところ全く未定ですが、遅くとも夏頃には再開しようと思っています。でも次回は有料になっているかもしれません。

尚、4月1日にお申込みいただいた、千葉県在住の女性の方へ。
こちらからのメールが届いていないようです。
恐らくはメールアドレスの入力が間違っているか、メールボックスが一杯になっているかだと思いますので、至急お問い合わせフォームにてご連絡ください。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top