リバースエニアグラム

エニアグラム矢印考察第10回「善悪長短混合型の会派と著者_その2」

エニアグラム矢印考察第10回「善悪長短混合型の会派と著者_その2」

破壊者の母、篠田工治です。

エニアグラムの矢印考察第10回目です。

前回は善悪長短混合型の矢印解釈を採用する、鈴木秀子氏についてご紹介しました。

[catlist name=arrow numberposts=10 sortby=date order=asc]

  1. 善悪2元論型-<済>
  2. 長短併せ持ち型-<済>
  3. 善悪長短混合型
  4. 割愛型

今回も善悪長短混合型を採用する会派、著者についてご紹介します。

中嶋真澄氏(エニアグラムアソシエイツ)

中嶋真澄氏は性格の研究家、作家として、性格や心理テストや恋愛に関する書籍を多数執筆されている御方です。

同氏はドンリチャードリソ氏、ラスハドソン氏に師事した後、日本エニアグラム学会から枝分かれしたエニアグラムアソシエイツという会派にてセミナーやワークショップを開催、現在では同会派の代表としてご活躍されています。

同氏、同会派の一番の特徴は、インターネットやITメディアを活用して情報をかなりオープンにしていることです。

Screenshotエニアグラムアソシエイツ
エニアグラムに関する公式サイト
Screenshot中嶋真澄のこころ日記
サブタイトルは「心理テスト作家のページ、心理テスト、占い、こころとからだに関するあれこれ」、同氏のメインサイトで現在移転中とのこと
Screenshot中嶋真澄のこころ日記
サブタイトルは「『面白くてためになる』をモットーにあなたのこころにアクセス」、移転先のメインサイト
Screenshot好きなことをする!
サブタイトルは「近頃なんだかオタクっぽい生活」、ブログサービスは「ファンブログ」を利用
Screenshotハッピーエイジング
サブタイトルは「心と体の健康について、日々の暮らしの中から気づいたことを書いていきます」、ブログサービスは「ライブドアブログ」を利用
Screenshot中嶋真澄のこころ日記
サブタイトルは「新作心理テスト・性格診断・ワークショップ情報等のお知らせ」、ブログサービスは「アメーバブログ」を利用
Screenshotエニアグラム アソシエイツ 通信
同会派発行のメールマガジン、メルマガサービスは「まぐまぐ」を利用
Screenshotエニアグラム小説「 9人の元カノ 」(Facebook)
同氏監修による篠原良一郎氏の配信型小説

↓ 中嶋氏のtwitter個人アカウント

↓ エニアグラムアソシエイツさんのtwitterアカウント

ウェブサイト、ブログ、メルマガ、SNS。少し調べただけでもこんなに沢山のメディアから情報を発信されているんですね。

例えば公式サイトですと、エニアグラムの情報や歴史が簡潔且つ分かりやすくまとまっていますし、リソ・ハドソン氏へのインタビュー記事の公開や、同会派の成り立ち、そのメンバー構成などもしっかり掲載されています。

そして通常の書籍だけでなく、電子書籍やスマートフォンアプリのタイプ診断など、流行りの情報端末へのコンテンツ提供もいち早く対応されています。

Youtubeのプロフィール動画もカッコいいです。

以前はオンラインのエニアグラム通信講座も開催していたようです。

Screenshotオンライン通信講座/教室: 本当の自分がわかる・性格の悩みすべて解決! エニアグラム[9つの性格と本質]
現在は閉校中

そんなことから同会派のITメディアの積極的な活用は、他のエニア会派の追随を許さないと言ってもいいでしょう。

紙の書籍については、エニアグラム関連ですと、

計7冊になります。(版の違いまでは分かりませんので重複してたらごめんなさい)

私は、

  • 自分がわかる他人がわかる9つの性格と45の相性
  • 最強の性格診断3×3の法則
  • 本当の「私」が見つかる心理テスト 自分の’本能’に気づけば、必ず幸せになれる

の3冊を所持しています。

自分がわかる他人がわかる9つの性格と45の相性 本当の「私」が見つかる心理テスト 自分の’本能’に気づけば、必ず幸せになれる

ただ、3冊目「本当の『私』が見つかる心理テスト」については、以前ウィング考察でご紹介した「本能のサブタイプ」だけにフォーカスした内容です。厳密にはエニアグラム書籍とは言えないので、実質的には2冊しか所持していないことになります。

で、書籍をパラパラめくって感じた印象ですが、大体次のような感じです。

  • 各タイプの長所と短所、強み弱みなどのバランスが公平
  • 神秘的スピリチュアル的な言い回しが殆ど無い
  • 診断(質問表)と各タイプの相性に重きを置いている
  • 恋愛に関する内容が充実

矢印の呼び名については、

  • 矢印正方向=強いストレス、心が頑なになった状態、精神的な安定、どちらかというとネガティブな面(短所)が出やすい
  • 矢印逆方向=リラックス、心がオープンになった状態、精神的な不安定、ポジティブな面(長所)が表れる

という感じで、矢印正方向については「どちらかというと」という枕詞がついており、同氏の矢印解釈はどちらか一方を善、若しくは悪とする善悪二元論型ではないことを示唆しています。

そして書籍「最強の性格診断3×3の法則」では「自分を生かすヒント」として、例えばタイプ1なら、

自分のなかにある(矢印正方向の)タイプ4的な資質の長所も耕していきましょう。 自分自身の本当の欲求や感情を抑圧しているところのあるタイプ1にとって、 タイプ4のように自分の内面の感情に目を向け、自分の感情と触れ合うことも大切です。

という具合で各タイプにつき、矢印正方向のタイプに進むことのメリットを伝えているんですね。

なので、ヘレンパーマー氏のように長短併せ持ち型の矢印解釈に含めてしまってもいい気がします。書籍だけを読めばね。

でもネットの情報をアレコレ拝見すると、どうやらそうではないんです。

公式サイトの「エニアグラム・メディエーターないしはトランスミッターとなるべき人のためのガイドライン」というページでは、

わたしたちのエニアグラム理解は、米国エニアグラム研究所ドン・リチャード・リソとラス・ハドソンの理論と実践的トレーニングの体験にその多くを負っています。 しかしながら、リソ&ハドソンのエニアグラムにとどまらず、セラピストのトーマス・コンドンのエニアグラム、カトリックグループのエニアグラム理解も取り入れつつ、自らの学んだエニアグラムについて吟味しつつ、批判的に乗り越え陽とする勇気を持ち、真の知恵の獲得をめざしていきたいと思っています。

同氏(同会派?)のエニアグラムはリソ氏の理論にイエズス会グループの理論を加えたモノだと宣言してるんですね。もちろんリソ氏とイエズス会グループの矢印解釈は善悪2元論型です。

そして矢印の呼び名も「統合と分裂」と善悪2元論的な呼び名に変更し、こちらの「統合と分裂の方向」ページには次の内容が掲載されています。

<統合の方向><分裂の方向>のさらなる解釈
古代の世界観は、人間中心主義ではなく”神中心”の世界観です。聖なるもの、宇宙、神、「一にして全なるもの」を想定した時、シンボリックな意味で、円は宇宙全体を表しています。それを神の完全性とみると、<分裂の方向>は神から離れる<堕落の方向>、<統合の方向>は、全体性へと向かうものであり、聖なる全体性への希求、宇宙との統合、神への道と考えてもよいのではないでしょうか。

いずれどこかで触れるので是非覚えておいて欲しいのですが、ズバリ、この考え方こそが神秘主義であり、唯一神への信仰なんです。

同氏のメルマガ、エニアグラムアソシエイツ通信のバックナンバーを幾つか見てみたんですが、やはり「神」「聖書」という言葉が沢山出てきますし、

聖書と易経、この2冊があれば、極論すれば、他に本はいらないかもしれません。

という少々エキセントリックな文言も見られます。

今は該当ページがサーバートラブルで無くなったそうですが、以前の同氏のブログには「天使を思い浮かべれば安心できる(成長できる?)」というような記事もあったと記憶しています。(そういえば同氏のtwitterアイコンってよく見ると天使だ)

流石にここまでくると「中嶋氏はクリスチャン?神秘家?」という気がしてならないのですが、つい先程、同氏のtwitterプロフィールを拝見して、その謎が解けました。

エニアグラムアソシエイツ代表。著書『面白すぎて時間を忘れる心理テスト』(三笠書房)『一瞬で相手の性格を見抜く技術』(電子書籍iphonアプリ)など。テレビ東京『レディス4』、関西テレビ『キキミミ』などに出演。趣味映画:香港ノアール。易占・イギリス英語。キリスト教神学

クリスチャンかどうかはさておき、キリスト教にとても馴染みのある御方だったんですね。

ならばリソ氏のエニア理論にイエズス会グループの理論を取り入れるというのは、とても腑に落ちます。

腑に落ちるのですが、今度は書籍情報とネット情報の隔たり、そして同氏の矢印解釈をどの型に含めたらよいのか大いに悩むことになりました(苦笑)。

まぁ、普通に考えれば、ネットの情報と出版物、どちらが著者の価値観を正しく反映しているかと言えば、編集者や出版社の意向が絡まない分、当然ネット情報なワケです。

例えば同会派のメルマガ2013年3月号にはこんなことが書いてあります。

4月12日のエニアグラムサロンは、タイプ3がテーマです。 タイプ3のとらわれは、現代人の多くが持っているもの。 物質的な成功を価値あるものとみなし、人の価値に高低を見る。 人を値踏みし、自分自身もそれによって苦しめられる。 辛口のセッションになると思います。

ここで「辛口」という単語が出てくるのは、同氏の価値観が善悪2元論型に近いことの表れだと思うんですよね。

もし、何事も長短併せ持つという価値観ならば、「物質的な成功や人を値踏みすることにも意義はある」ということになり、辛口という言葉は出てこないと思うからです。

でも当サイトにおいては「エニアグラムの独学者に役立つ情報を提供する」というのが私のスタンスだったりします(すぐに忘れてしまうけど_汗)。

そして、独学者がエニアを学ぶ際に頼れるのは、なんだかんだ言っても書籍しかないんで、そこに長短併せ持ち型的なことが書いてある以上、それを無視することはできません。

というワケで、鈴木秀子氏と同じように、中嶋真澄氏の矢印解釈も、善悪2元論型と長短併せ持ち型の中間、

  • 基本的には矢印正方向は悪だが多少のメリットはある
  • 基本的には矢印逆方向は善だが多少のデメリットはある

とする「善悪長短混合型」に含めることにしました。


以上で善悪長短混合型の矢印解釈を採用する著者、会派のご紹介を終わります。

  • 鈴木秀子氏(国際コミュニオン学会)
  • 中嶋真澄氏(エニアグラムアソシエイツ)
  1. 善悪2元論型-<済>
  2. 長短併せ持ち型-<済>
  3. 善悪長短混合型-<済>
  4. 割愛型

次回はようやく最後の矢印解釈、割愛型を採用する著者や会派について極簡単にお伝えしようと思います。

それではまた。

追伸

つい先ほどtwitterで、私のエニアグラム学習の先輩(?)である「ゆらぎ‏@iesuy」さんから次のようなコメントをいただきました。

15年前はネット検索しても情報はあまり多くなくて、もちろん会派の違いなんて知りたくてもさらによくわからずでした。会派紹介ブログは貴重ですね。

考察開始時は会派紹介をするつもりはなかったのですが、必然的にそうなっちゃいました(笑)。

私自身こうやって会派の違いを調べることで、ワークに参加したり書籍を読む時に感じていた違和感の正体がハッキリ見えてきて助かっています。

URL :
TRACKBACK URL :

コメントをどうぞ

*
*
* (公開されません)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top