リバースエニアグラム

エニアグラムを学ぶメリット

何事も目的が必要です。
 

目的というアメ(飴)があってこそ、 ムチで打たれることが多いエニアグラムを 学ぶ意義があるというものです。
 

(あなたがドMならアメは要らんと思いますが・・・)

さて今回は前回予告したとおり、 エニアグラムを学ぶメリットについてお伝えします。
 

それではシンプルにいきましょう。
 

こんなメリットがあります

まずはエニアグラムを学んだ皆さんの 喜びの声を聞いてください!

  • 自分が分かって生きて行くのが楽になった
  • 過去の呪縛から解放された
  • 暴走しがちだった自分をコントロールできるようになってきた
  • 自分の育った家族のことが理解できるようになった
  • 怒ってばかりいたが、怒る回数が減った
  • 嫁が、旦那が理解できるようになった
  • 離婚が回避できた
  • 子供が理解できるようになった
  • 子供への暴力がなくなった
  • 仕事が楽しくなった
  • 仕事の範囲が広がった
  • 仕事がもらえるようになった
  • リーダーとして人を導く立場になった
  • 部下がついてくるようになった
  • 自己表現の素晴らしさに気づいた
  • 起業した
  • フリーランスから法人成り(会社化)した
  • 夢に向かって一歩踏み出せた
  • 迷いが吹っ切れた
  • 自分の方向性、行先が見えてきた

紙面の都合上、全てお伝えすることができませんが、 次はあなたの番です!!

・・・って、まるで通販番組のようですね(笑)。
 

当然、私の感想も入っていますが その多くは私が実際にお会いした人から 直接聞いた喜びの声です。
 

実際問題として、 こういった具体的なメリットを享受する為には 少なくとも時間、そしてある程度のお金がかかります。
 

人の価値観はそれぞれなので かかったモノ以上のリターンがあるかどうかは ハッキリ言い切ることができません。
 

でも、ワークなどでお会いした人の表情を見る限り、 ちゃんとリターンはあると言ってよいでしょう。
 

メリット=9つの○○○○力(りょく)

上述のメリットはなんというか、 あまりにもバラバラなので次のようにまとめてみました。
 

  1. 対自分
    1. 自己理解力:過去・現在・未来の自分を客観的に見る
    2. 自己許容力:自分を許し、癒し、受容する
    3. 自己回復力:活かせていない自分の持ち味を取り戻す
    4. 自己信頼力:自分への自信と誇りを持ち、尊重する
    5. 自己抑制力:強すぎる自分の持ち味をなだめる
    6. 自己超越力:他のタイプの特徴を学び、活用する
    7. 自己実現力:他の8つのメリットを使いこなし、自分の夢を実現する
  2. 対他者
    1. 他者理解力:他者に対して同情、共感、尊敬する
    2. 他者影響力:リーダーシップを発揮し、他者に気付きを与え、モチベーションを上げる

ぜんぜんシンプルじゃないっすね(苦笑)。
 

実はつい先日まで、 エニアグラムを学ぶ目的=メリットを 「自己理解、自己成長、他者理解」 の3つで言い表してきたのですが、 今回9つと太っ腹に増やしました。
 

どうしてかというと理由は次の3つ。
 

  • 9つもあれば、エニアグラムを学ぶメリットをほぼ網羅できる
  • 9つのメリット(○○○○力)は、実は「エニアグラムを学ぶステップ」と「成長の過程(プロセス)」を表している
  • このステップを踏まないとメリットを享受することは難しくなる

ようするにどうせ覚えるなら、 他の要素と関連付けて覚えようということです。
 

そして次の順番でメリットを享受していけば、 そんなに問題は発生しないはずです。
 

  1. 自己理解力:過去・現在・未来の自分を客観的に見る
  2. 自己許容力:自分を許し、癒し、受容する
  3. 自己回復力:活かせていない自分の持ち味を取り戻す
  4. 自己信頼力:自分への自信と誇りを持ち、尊重する
  5. 自己抑制力:強すぎる自分の持ち味をなだめる
  6. 他者理解力:他者に対して同情、共感、尊敬する
  7. 自己超越力:他のタイプの特徴を学び、活用する
  8. 他者影響力:リーダーシップを発揮し、他者に気付きを与え、モチベーションを上げる
  9. 自己実現力:他の8つのメリットを使いこなし、自分の夢を実現する

このステップの肝は、 「2.自己許容 3.自己回復 4.自己信頼」にあります。
 

これは前回お伝えした 「自分が本来持っている持ち味が全く活かせていない」 状態をイメージすると分かりやすいと思います。
 

自分を信じられなくなっている時。
 

そんな時は、まず自分を許してあげる。
 

実際に持ち味を活かしてみて、 自分に素晴らしい能力が備わっていたことを再認識する。
 

このようにして少しずつ自分に自信をつけていくことが大事なんです。
 

これを「自己理解」からいきなり「自己抑制」に進むと、 自分の中にしっかりとした拠り所が無いから、 自分の性格タイプの「光と闇」を受け入れられなくなるんです。

ダークサイド落ち

私はこの状態を 「エニアグラムにおけるダークサイド落ち」 と勝手に呼んでいます。
 

実際にそんな人を何人も見てきました・・・。
 

当然、持ち味が強すぎる場合は、対処が逆になります。
 
強すぎる自我=持ち味を抑えることが成長の秘訣になります。
 

このあたりのさじ加減がエニアグラム学習の難しさかもしれませんね。
 

今回はここまで。
 

今回お伝えしたのは・・・  

  • エニアグラムを学ぶメリットは大別すると次の9つに分類できる
    1. 自己理解力
    2. 自己許容力
    3. 自己回復力
    4. 自己信頼力
    5. 自己抑制力
    6. 他者理解力
    7. 自己超越力
    8. 他者影響力
    9. 自己実現力
  • 上記メリットはエニアグラムを学ぶステップも表している
  • 上記順番の通りにステップを踏めばメリットを享受できる

でした。
 

コアな話が続き、少々食傷気味かもしれません。
 

でもみんな大事な話ですし、 これまでのエニアグラム業界では避けてきた内容も ちょくちょく説明しています。
 

なんとかついてきてくださいね。
 

それではまた。
 

次の章「エニアグラムにおける性格とは?」に進む
前のページ「現時点で1番精度が高い性格分類法」に戻る
章のトップ「エニアグラムとは?」に戻る
シンプルエニアグラムトップに戻る

Return Top